目の前に訪れる宝物の瞬間
<< ローライズにリメイクしたリーバイス501 | main | そんな瞳で見つめられてしまうと。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
I LOVE ペッカー
写真に対しての純粋さが伝わってくる中々面白い映画でした。
主役がここまで楽しそうに写真を撮っている映画は珍しいかも。
身の回りの日常をとにかく撮りまくってます。
しかも使っているカメラがライカやニコンのような高級機ではなく、
キヤノネット(たぶんコレかな?)という中古の安価なカメラというのが親しみが湧きます。

写真を撮る楽しさが良く伝わってきて、
僕もこんな風に撮影できたらなぁって羨ましく思いました。

個人的には、「フィルムより愛してるよー」というセリフがツボでした。

非常に細かい事を言うとジャケットの写真の構え方では、
ファインダーは覗けていないと思います(笑)。どうでもいい事です。
写真を撮る人は、この作品を観て損は無いと思います。

| つとむ | 映画 | 20:15 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:15 | - | - |









http://leica.jugem.cc/trackback/62
I Love ペッカー
I Love ペッカー / ポニーキャニオン(2000/06/07)Amazonランキング:27,546位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog クリスティーナ・リッチかわいかったです。ミステリアスな変人キャラが定番の彼女ですが、ああいった普通の女の子
| talking vxxxxx | 2005/11/13 10:59 AM |
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ